よくある質問
使い方はどうすればいいの?
 EL発光シートの上に、文字や図柄を印刷したフィルムを重ねるだけです。
 もちろん、普通の紙でも問題ありません。
 綺麗さを追求するのであれば、バックライトフィルムがお勧めです。
 市販品とパソコンとプリンターで簡単に作成できます。
 (専属のプロによる高いデザイン性を持つ製品も製作できます。)
電源はどうすればいいいの?
 EL発光シートを光らせるためには、必ず電源が必要です。
 家庭用コンセントから自動車電源、自動車・バイクバッテリー、乾電池でも稼動します。
 (乾電池の場合は、A4半切り及びA5以下のサイズに限られます。)
インバターは無くせないの?
 EL発光シートは、インバーター無くしては、その高輝度・安定性・安全性・長寿命を維持することができません。
 インバーターを開けたり、内部に手を加えることは、
絶対にお止め下さい。
 感電や故障、発火の原因となります。
 低輝度タイプの製品の中には、インバーター無しで、しかも連結可能な製品もございます。
 この低輝度連結可能型製品は、病院・介護施設・公共施設等向け用途に適しています。
貼る以外の使い方はないの?
 もっとも簡単な使い方は、ただ貼るだけです。(壁でも柱でも筒状にしても大丈夫です。)
 光を通さない部材であれば、刳り貫くことにより、その部分を光らせることができます。
 (刳り貫いた文字や図柄が“光る”会社やお店のネームボードを簡単に手作りできます。)
 
えっ、こんなところに! と思える程、用途が多種多様です。
 全く新しい「光源」なので、発想も使い方も自由自在なのです。
 基本セットはELシートとインバーターですが、ご要望によりアクリル板成型等の加工製品を製作致します。
県外からは注文できないの?
 いいえ、全国からご注文をお受け致します。
 但し、国内仕様となっているため、海外でのご使用はできません。
動画は映せないの?
 動画を映せる有機ELとは異なり、無機ELでは、動画再生は出来ません。
 有機ELの代表的なものは、大手企業が製品化を目指している壁掛けテレビですが、まだ、小さなものしか
 実用化に至っていないのが現状です。
 回路数を増やすことで、最近話題のアニメーション的な点灯パターンを実現する
複数セグメント対応製品が
 ございます。
 無機EL発光シートは、紙のような極薄の全く新しい「光源」です。
 それゆえ、今まで考えられなかったような使い方のできる、夢の「光源」なのです。
自由に成型できないの?
 EL発光シートに傷を付けたり、形を変えるような加工を施すことは
絶対にお止め下さい。
 必ずそのままの形(サイズ)でお使い下さい。
 穴を開けたり、切断したりすることは、感電や劣化、発光異常の原因となります。
 曲線や三角形や星型などに光を透過したい場合は、その形に刳り貫いた薄い紙や布地をEL発光シートに
 被せることで対応できます。
室内でしか使えないの?
 基本構造は室内用途となっております。
 電源の確保、UV加工、電極加工、防滴加工等を施せば、野外でも問題なく使用できます。
 むしろ、野外用途の方が、軽量で移動設置が容易で設置場所を選ばないEL発光シートの特性をフルに活かせます。